ブルーベリーを知ろう

歴史についての簡単な紹介

ブルーベリーは元々はアメリカの原住民が愛用していた食べ物ですが、ヨーロッパの人々がアメリカ大陸に渡った事がきっかけで、ヨーロッパから次第に世界に広まっていきました。 ヨーロッパに伝わった当時は目に良いという事は知られておらず、注目され始めたのは第二次大戦中にイギリス空軍のパイロットがブルーベリージャムを食べていたおかげで夜間でもよく目が見えたという話がきっかけであると言われています。1960年代になると、実際に研究を行ってブルーベリーに含まれているアントシアニンが目に良いという事が分かりました。 日本では1980年代頃からブルーベリーの栽培面積が格段に広がっていったことから普及し、ブルーベリーのアントシアニンが目に良いという事は1990年代に入った頃から徐々に一般的に知られるようになっていきました。

需要は高まるのでは

ブルーベリーはアントシアニンが目に良いという事で、目を酷使している人を中心として、人気のサプリメントと既になっています。既に広く知られているために、眼精疲労やそれが原因の肩こりなどの症状に悩まされている人たちの中には愛用者もいると考えられます。パソコンやスマホなどで目を酷使している人は多いために、今後も一定の需要は維持し続けて定番のサプリメントの一つとして扱われると思われます。 また、ブルーベリーのサプリメントはアントシアニンが目に良いという事ばかりが知れ渡っていますが、今後の研究によって他の効果が注目される可能性も十分にあるために、潜在的な需要についてはまだまだ未知の部分も多く、今後の研究次第ではさらに人気を高める事も十分に予測できます。